基本的に適当なコトを書いてますがたまにお勧め情報や役に立つコトも?
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
シカゴ
 
 
【2006/04/11 17:38】
 
 
公開当時、友人と観にいったのですが・・・
その友人の事前の見所はというと
「キャサリン・ゼタ=ジョーンズの奇跡のダイエット」
確かにブリジット・ジョーンズの日記での面影は全くないです。
それだけで彼女の役者魂は凄まじいものを感じます。

内容ですが、ミュージカルを映画にという点では素晴らしい出来だと
思います。これ以上、スムーズな移行は出来ないんじゃないかな?
と思うくらいに飽きのこさせない作りになっています。
飽きの来なさといえば、いきなりリチャード・ギアのステテコ姿が
登場したりと、血生臭い筋書きをコミカルに演出している点が
感情移入しづらい登場人物を身近に感じさせているのでしょう。

個人的にですが・・・
ムーランルージュよりすんなりと映像の世界に入り込めました。

製作年度 2002年
製作国 アメリカ
監督 ロブ・マーシャル
出演 レニー・ゼルウィガー 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
   リチャード・ギア 、クイーン・ラティファ
   ジョン・C・ライリー

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
I am Sam アイ・アム・サム
 
 
【2006/04/03 17:29】
 
 
ここ数年で自分の中でも最も想い出深い作品です。

3人のメインキャストがそれぞれ素晴らしい演技をしています。
特にショーン・ペン、ダコタ・ファニングの2人のやりとりは
演技ということを幾度か忘れてしまうような微笑ましさを感じます。

所々にビートルズへのオマージュがあったりと映像も楽しめます。



一番好きな人と見て幸せな余韻を堪能してください。


製作年度 2001年
製作国 アメリカ
監督 ジェシー・ネルソン
出演 ショーン・ペン 、ミシェル・ファイファー
   ダコタ・ファニング 、ダイアン・ウィースト
   ロレッタ・ディヴァイン

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
I am Sam アイ・アム・サム
 
 
【2006/04/03 17:29】
 
 
ここ数年で自分の中でも最も想い出深い作品です。

3人のメインキャストがそれぞれ素晴らしい演技をしています。
特にショーン・ペン、ダコタ・ファニングの2人のやりとりは
演技ということを幾度か忘れてしまうような微笑ましさを感じます。

所々にビートルズへのオマージュがあったりと映像も楽しめます。



一番好きな人と見て幸せな余韻を堪能してください。


製作年度 2001年
製作国 アメリカ
監督 ジェシー・ネルソン
出演 ショーン・ペン 、ミシェル・ファイファー
   ダコタ・ファニング 、ダイアン・ウィースト
   ロレッタ・ディヴァイン

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
リバティーン
 
 
【2006/03/31 12:20】
 
 
「脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。
後にも先にも生涯で一度しかめぐりあわない作品。」

ジョニー・デップにこのように言わしめた作品
『リバティーン』が2006年4月8日公開されます
ジョニー・デップといえば出演する作品を選ぶ俳優として有名です
どんなに高いギャラを積まれたとしても
その作品に興味がなければ絶対に引き受けない
また、パイレーツオブカリビアンやチャーリーとチョコレート工場
のような「自分の子どもに誇れるような作品」

そんなジョニー・デップの感性だからこそ
シザー・ハンズのような奇妙だけれども愛らしいキャラクターや
ブロウでのように実在する人物の人生をまるで自分の人生のように
魅せた作品が生まれてきたのだと思います

今回、彼が演じるのは
17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵
破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ
『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男
このまた一風どころではない変わった人物をジョニー・デップが
いかに演じきるのかが今から楽しみです

グウィネス・パルトロウ

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
 
 
【2006/03/23 22:58】
 
 
北斗の拳が映画化されます
まさか、今になってまた映像で北斗の拳が見れるとは
思ってもいませんでした

ちょうど自分は北斗の拳世代です
それはそれは熱中したものです
好きなキャラクターも人それぞれでしたが
自分は南斗六星、母星のユリアを守護する五車星の1つ
雲のジュウザが好きでした
今回の話はその南斗六星拳、帝星のサウザー、仁星のシュウが
登場する話だそうです
しかも、五部構成のうちの第一話目ということで
次はジュウザが出てくるのでは?と年甲斐もなくわくわくしています

しかし、このサウザー編のあたりは
ケンシロウ、ラオウ、トキ、サウザー、シュウの若かりし頃が
描写されるもっとも面白い部分の1つです
コミックスを未だに全巻持っている人間としては見に行かざるを得ない
そんな感じです

北斗の拳 映画公式HP

img3.jpg


ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。