基本的に適当なコトを書いてますがたまにお勧め情報や役に立つコトも?
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
数学だけ5時間・・・
 
 
【2006/03/11 18:48】
 
 
数学だけ5時間…東工大「究極の1科目入試」今秋から

数学1教科だけの5時間の試験と書類選考だけで合否を決める。

 “究極の1科目受験”と言えるユニークな入試を、
東京工業大学理学部が今秋実施することを決めた。

 センター試験の結果は参考にせず、面接も行わない。
国立大学の入試の中で最も長い1教科試験になるとみられる。

 東工大によると、2007年度入学予定者に対する試験で、
実施時期は今年11月。午前と午後に2時間半ずつの制限時間を設け、
それぞれ2問程度を出題する。定員は20人。
                       (読売新聞)

collegeとunivesityの違いは何かと辞書を引くと
universityはcollegeに対し(上級の)学位授与の権限を持つ総合大学
だそうです(collegeは単科大学として用いられる)
また理工系の専門学校、工科大学をinstituteといい
これら大学の中の学部をfacultyというそうです

日本の主に国立大学での入試科目は本当に必要なのか?といものや
学部内容に合っているのか?というものが少々目立つ気がします
上記、東工大の動きも入試科目の少ない私大狙いの受験生が増え
始めた中で生まれたもののようですが・・・
センター試験の為に7、8教科も勉強しなければならないというのは
大変な負担になっているはずです
確かに、総合的な学力、考察力を必要とする学部、学科があることも
事実ですが、現行のセンター入試がそれを満たすものであると言い切る
ことは到底出来ない代物ですし、理系、特に医学部などでは生物を
含まない物理、化学、数学を代用して受験できてしまうのが現状です
そんな中で、東工大理学部といった専門性の強い大学のこういった動きは
賞賛できるものになるかもしれません
こういった独自の入試を行うだけに限らず、カリキュラムも独自色の
強いものをどんどん出していく大学が増えれば、新しいモノ・人材は
増え続けていくのではないでしょうか?
日本の大学が学び、研究する場へ戻る日も近いのかな?


 大学側は、物理や化学などの能力も数学の試験で類推できると判断して
いる。想定問題や解答例は、5月ごろ公表。合格水準に達する者が定員
に満たない場合、欠員は2次試験前期日程の募集人員(165人)に加
える。後期日程は廃止する。
スポンサーサイト

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://kiyoppi.blog34.fc2.com/tb.php/131-fbcca71d

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。