基本的に適当なコトを書いてますがたまにお勧め情報や役に立つコトも?
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ショートトラック
 
 
【2006/02/23 04:51】
 
 
たまにTV中継をしている国内のレースを観たりしますが
オリンピックでの世界のレースの厳しさは本当に桁違いですね
接触、転倒が決勝、予選を問わず必ずといっていいほどあり
その中でも救われる選手、救われない選手がいて・・・
1つのクラスのレースを決勝まで観るだけで
「オリンピックの舞台で勝つことの難しさ」
をこれほどわからせてもらえる競技も少ないんじゃないのかと
そう思える競技だと思います

先ほど、女子1000mの予選が終わりました
とても残念なことに神野由佳選手は準決勝の舞台に進むことが
できませんでした
残念さ、無念さはご本人が一番だと思います
ただ、今回のトリノの舞台での神野選手のレースを振り返ると
ショートトラックという競技の難しさ、面白さが凝縮された
ものであったように思います
 500mのスタート時の接触
スターターとの間合い、コーナーで前へ出ることの大事さ
 1500mでの接触、転倒
アドバンスされてもおかしくない中で救われない状況もあるという
ショートトラックという競技の難しさ
 1500mでの7位入賞
B決勝の舞台で2位に入り、世界の舞台で入賞することの難しさ
無念を競技の中で少しでも晴らすことの歓び
 1000mでのまさかの予選敗退
レース展開というものがいかに大事か、自分1人のペースだけでは
決して勝てないというショートトラックの競技特性

これらを素人目の人間にも理解させてくれ興味を持たせてくれました
残りはリレーのみとなりました
クローズアップされることで競技に対する集中力を保つのも
それは大変だったかと思います
しかし、それによってこの競技を理解できた人も少なくはないはずです
最後の1レース、トリノの氷の感触をしっかりとその両足で
味わってきて欲しいと思います
スポンサーサイト

ジャンル:ブログ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

きゃらこは、広い決勝と、決勝など晴らすこと
少ないんじゃないの素人目や舞台とかを中継しなかったの?


【2006/02/23 15:31】 URL | BlogPetのきゃらこ #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://kiyoppi.blog34.fc2.com/tb.php/113-b7385134

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。